私が勤務する病院では介護の職種が足りていなくて、現在医療求人情報として色々と情報を発信しています。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

介護の仕事の医療求人について

私は現在病院で勤務しているのですが、私の勤務する病院では現在看護師と介護の職種、医師を募集しています。看護師の求人は1年前に足りない分の人材の補充は完了していますが、未だに募集はかけています。医師はぼう病院自体も諦めている様な気がしています。医師自体が少なくて、その中で私の勤務する病院は医師の中でも人気のない精神科のために、形だけ求人をかけている様な状況が続いています。最近増えているのが介護の仕事をする職種の求人で、私の病院には介護士の職員が15名程いるのですが、8名程募集をかけています。後期高齢者社会が進んできているために、患者さんの介護が必要になり、寝たきりの患者さんも増加してきています。

介護の仕事は非常に重要に感じています。患者さんの移乗をしたり、お風呂の介助をしたり、おむつ交換などをしたりと決して簡単な仕事では無く大変な気がします。私が勤務する病院の介護の仕事をしている人たちは20代30代の人が多くて、話を聞くと体を毎日使うために疲労が蓄積すると言っていました。今はどこの病院や施設も介護の仕事は重要視されており、いなければ成り立たないために、医療求人情報などをみても多く募集しています。個人的には介護の仕事の人たちがもっと働きやすい環境にしてあげたいです。


Copyright(c) 2019 医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。 All Rights Reserved.