医療求人における看護師の向き不向きには、医療行為者としての側面と、患者看護者としての側面の両方がある。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医療求人における看護師に向いている人とは

求人全体では医療系や介護系の求人が多く、中でも医療求人では看護師の求人が多いことが知られています。求人が多いということは、それだけ需要が多いということになりますが、この看護師に向いている人とは、どんな人なのか、ということについてスポットを当ててみたいと思います。順に挙げていくと、勉強熱心な人、注意深い人、手先の器用な人、責任感の強い人、思いやりのある人、適度な優しさのある人、根気のある人、小さなことを気にしない人、などの人間性(性格)が挙げられます。結局向いているかどうかは、二つの側面から考えると分かりやすいのかも知れません。その一つは、医療行為者としての側面で、もう一つは患者看護者としての側面です。医療行為者としては、勉強熱心、注意深い、手先が器用、責任感が強い、などの性格が求められ、患者看護者としては、人への思いやり、適度な優しさ、根気、小さなことを気にしない、などの性格が求められます。

医師は医療行為者としての側面が、大部分を占めるのに対して、看護師は医療行為者としての側面と、患者に対する看護者としての側面との、両方を担っています。このことが向き不向きという面にも、そのまま反映されるのだと思います。その意味では、医療における様々な細かいことから、患者という苦しんでいる人への対応など、大変な範囲をカバーしている職業と言っても過言ではありません。看護師としての向き不向きの中でも、最も大事なものは、人への思いやりだと思います。人の性格は、職業によって築かれるもの、という考え方もあります。今、看護師を目指している方は、たとえ自分には向かないかな、と思っていても、人への思いやりさえあれば大丈夫です。真摯に仕事に向きあえば、やがてプロとしての性格が身に付くと信じて、ぜひ一歩を踏み出してもらいたいと思います。


Copyright(c) 2019 医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。 All Rights Reserved.