医療求人の中にはMRというものがあります。大変な仕事ですが、給料がとてもよい仕事になっています。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医療求人の中にはMRというものがあります

MRというものを聞いたことくらいはアル人が多いでしょうが、これは、MedicalRepresentativeというものです。日本語に訳しますと、医薬情報担当者ということになります。要するに医薬品関係の知識を持った人であり、その営業をする人、と言うことになります。医療求人の中では非常にポピュラーなものであり、そして、非常に給料が高いものであるとされています。お金をしっかりと稼ぐことができるわけですから、人気があるのは当然のことであるといえます。このMRの仕事なのですが、薬の情報を伝えて、買ってもらうことです。つまりは、普通の営業とそこまで違いはない、ということになります。しかし、取り扱っているものが薬になります。医者も常に新しくなる薬に関して、細かい知識を持っているわけではないのです。ですから、MRから話しを聞いて、それを参考に使うかどうかを決めるわけです。当然ではありますが、副作用なども伝えることになります。

常に薬は新しいものが開発されていきますから、どうしても日々、勉強になります。そのあたりが大変な仕事でもあります。医療用医薬品はそれこそ、何万と種類があるりますので、すべてのものを一人が扱うのは不可能ですが、自社製品のみ、ということになります。営業なのですから、ある意味では当然のことであるといえます。


Copyright(c) 2019 医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。 All Rights Reserved.