医療求人といえば、なんといってもMRです。これが物凄い給料でお勧めできるものであるといえます。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。

医療求人といえばなんといっても

医療求人といえば、MRになります。MRとはメディカル・リプレゼンタティブというものであり、要するに医薬品の営業、販売をする仕事です。単純に一般人に医薬品を売るのではなく、売る相手は医者です。薬剤師、と言うこともあります。要するに、医療関係の営業関係、ということになります。また、医療機器を扱うこともMRと呼ぶこともあります。日本では、五万人以上の人がこの職に就いています。結構な数であるといえます。どうして、医療品メーカーがそれほどまでの多くの営業社員を使っているのか、といいますと、それは医者に営業をする、というかなり特殊なものであるといえるからです。内にしかない薬、というものがあればよいのですが、意外と似たようなものが多いのです。ですから、自分のところのものを使ってもらうために色々な営業攻勢をすることになります。

これがとても過酷であり、厳しい業界である、といわれているのです。営業が大変、と言うことはどこも同じようなことではあるのですが、それでもとにかく大変なのがMRなのです。しかし、素晴らしいことに給料はよいです。過酷な仕事でも給料が低い、と言うものはいくらでもありますが、そうではないですから、とてもよい仕事であるといえます。


Copyright(c) 2019 医師が就職・転職する場合医療求人広告を利用する人は多いのか。 All Rights Reserved.